新潟セフレは季節の変わり目を告げる

新潟セフレのボス猫を返す
(小川陽子)
小さくてかわいい。

季節の変わり目を告げる花や帰り道に咲く花が咲き誇る暖かい新潟セフレ

(画像は秋の川越まつりから帰る途中の桜です)
冬の息吹にこぼれた香

新潟でセフレ

新潟セフレの花(ひらぎの花、ひらの花)
初冬のシーズン

光沢のある厚い葉はギザギザでとげがあり、触ると傷つきます。 「平来」にちなんで名付けられました。 (しかし、古い木は丸い葉を持っています)
11月ごろ、たくさんの香りの良い白い小花が追加されます。
アンバーは、カナギとギンギの近縁種です。

知らず知らずにcameの花の流出
(上村浦洋)
どこにも行きたくない
(小池史子)
cameの花の香りが恋しい
(野沢節子)
花brideから話せない
(西村和子)

漢字「柊」は木々や冬のそばに立っているようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です