常に新潟のセフレは関係しています

つまり、主観は常に存在に関係しています。

関係(構造)の新潟のセフレに問題がある場合、大まかな内容は、「絶対的な新潟のセフレのみ」を引き出すことなく科学的議論を実行できるということです。

抽象的で理解しにくいと思います。

新潟でセフレ

 

構造主義科学理論では、科学研究は「新潟のセフレから離れた自然」に焦点を合わせていません

出発点は、それが人間にどのように見えるかの現象です。

池田氏は彼の本の中で次のように語っています。
そうすれば、これら3つの現実だけから科学を構築できるはずです。 」

次の日記に次の文章を書いてください。
〜部分を知っていれば、全体を見ることができます〜

要素間の関係に焦点を当てた構造主義の場合、「よりメタ階層」の前提を知っていれば、その下のすべての層を理解できるという考え。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です