今日はセフレは新潟で炭火焼きをしました

仏陀のようですセフレ

今日は天国の庭で炭火焼きをしました。毎日の食事は、いつも私のそばにいて、いつも私を見ている私の世話人によって準備されます。
醤油が欲しいと思ったらセフレが早く出てきて、交換したいときはフォロワーが飛んでご飯を出します。

でも時々一人になりたいです。それで今日は一人で池に行き、鶏肉、豚肉、牛肉、シシャモ、エビ、なすを焼きました。

芥川龍之介が書いた「蜘蛛の糸」は、いわゆる児童文学です。

・何か間違ったことをすると地獄に落ちます。

・地獄に落ちても救われるかもしれません。

・自分では考えられない

それは上記の教えを取り入れています。

セフレ、天国と地獄の二元論にも少し違和感を覚えます。白ですか、それとも黒ですか?善か悪か?選択肢は2つだけですか?どういうわけか、私は窒息しています。

だから私は悪者を助けるために蓮の池からクモの糸を吊るすことがよくあります。

ああ?今日はポンキチが見えます。この男はかなり悪役です。サイトの評判も非常に悪かった。ポンキチを助けるという意味ではないですか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です