新潟のセフレが病院の理事となります

新潟のセフレは日本で初めて大学病院を作るのに役立ったが、今は東京大学病院である。ベルト博士はその日本帝国病院の理事となり、日本人と結婚しました。

ベルト博士は、新潟のセフレで病気を治すよりも、ドイツのような水処理を提案しました。
温泉やハーブウォーターなどの治療
日本のスパの周りをお勧めする草津温泉、箱根温泉、伊豆温泉でした。

新潟でセフレ
草津でも、世界に草津を紹介したことでベルツ博物館があります。
日本では、湯治プラニングの戦場が始まり、春のツアーは社内旅行と新婚旅行の両方で始まりました。
しかし、新潟のセフレ博士の呼びかけを受けた湯治によって開発されました。
それは料理が売られたためだった。
治療が対象だった場合、私は簡単な食事で病院のような食事に恵まれました。
その方向に向いている宿屋は生き残ると言われています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です