静岡のセフレは車で暮らし続けている

6または7歳
レジ係が静岡のセフレしていたので
1円硬貨を引き出して持ちます
日記は数回改訂されます。

昨日19時30分に千葉を出て

千葉→東京→神奈川→静岡→愛知県。
https://www.nikukai.jp/shizuoka-sefure/

名古屋市を通過しました。詳細な内容は、この日記に追加・修正して記載します。

静岡のセフレ

◆◆

私の恋人は昨夜私を見送りに来ました。涙と震える声で、「とても心配です。体に気をつけて」と言いました。彼女は車で暮らし続けているので、私の健康を心配しています。

しかし、これは一種の憂鬱であり、私は車での生活を楽しんでいます。自分の好みに合わせて調整されたシンプルなベッドの快適さはとても良く、私はいつもぐっすり眠っています。

そして、胃腸の状態が改善しました。私が病気になることは非常にまれです。飲酒の機会が劇的に減ったせいかもしれません。

◆◆

千葉を出た後、国道6号線を南下し品川で道に迷う。私は自分の直感に頼って横浜につながる方法を見つけました。

横浜を通過した後、鎌倉でまた道に迷い、道に迷いました。深夜は視界が悪く、方向がはっきり見えません。躊躇した後、ようやく箱根への道を見つけました。

箱根山は静岡のセフレが濃くてとても緊張していました。道路がはっきり見えません。怖がった。引き続き次の車両に道を譲り、低速で走行します。ようやく沼津に着いたとき、疲れ果てていました。

時計は真夜中の2時です。疲れて眠いですが、駐車する場所がありません。そのまま運転するのは悪くて危険です。何もしなければ交通事故は必ず発生します。私は確信しました。

◆◆

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です